2009年12月27日

坐骨神経 脊椎すべり症の真相を知りたいあなたへ

売れ筋商品37
売れ筋商品24
売れ筋商品50
売れ筋商品22
売れ筋商品21
売れ筋商品48
売れ筋商品30
売れ筋商品47
売れ筋商品33
売れ筋商品12
売れ筋商品42
売れ筋商品10
売れ筋商品7
売れ筋商品29
売れ筋商品23
売れ筋商品16
売れ筋商品40
売れ筋商品4
売れ筋商品13
売れ筋商品44
売れ筋商品39
売れ筋商品18
売れ筋商品19
売れ筋商品20
売れ筋商品25




サーノ博士のヒーリング・バックペイン―腰痛・肩こりの原因と治療

価格: 2,100円 レビュー評価:5.0 レビュー数:48

私は、ヒーリング、エネルギーを使った整体師ですが、この本で言うことはかなり当てはまっていると思います。足をひきずるようなぎっくり腰、つらい腰痛の方でもだいたい1回〜3回程度の施術(1回1時間程度)で、かなり痛みやコリが解消され回復し、治っています。この時ストレスもエネルギー(気)で抜きます。ですが、実際の臨床において、ダメージの起こった筋肉は血行不良を起こしてカチカチになっています。そしてそのダメージのある筋肉に対して、エネルギーを送ることで筋肉は即座に弛緩して正常になります。(施術時に凝っている筋肉に触れることで、患者さんの脳に「この筋肉こんなに凝っているよ」と無意識レベルで教えてあげて、患者さんにヒーリングエネルギーを送る事でコリが解消される)施術で多くの方がすぐに治っている経験から、この本に書かれているとおり、腰椎のつぶれ、ヘルニアが軽微なら直接関係無いケースが多いかと思います。腰痛肩こりの自覚症状のない普通の方でも高齢になれば背骨に歪ある方の方が多いくらいです。怒り・ストレスなど、精神面については、性格傾向が人によりかなり違いますので、該当する人にはこの本の治療がすごく当たったとしても、そうでない人もいるような気がします。生まれ持った性格傾向の特徴でなりやすい病気・症状というのもありますので。腰痛になるきっかけは、腰への無理な負担や転倒、強く打った、交通事故などが多く、精神的ストレスが直接起こすものは少ないと思います。そして実際に腰付近の筋肉等にダメージが起こり、血行不良状態にあります。良い姿勢も保てなくなり、痛みもありますから、それ自体が精神的なストレスになります。また腰痛によりぐっすり寝れず睡眠の質が低下すると、当然体力も低下します。怒り・ストレスは、その後の自然治癒力による回復の遅れやブロックに関係するのかな、と思います。基本的に日本の現代人は忙しくストレス
...さらに詳しい情報はコチラ


プールでリハビリ - 北海道新聞

北海道新聞

プールでリハビリ
北海道新聞
坐骨神経痛、正確には腰部脊柱管狭窄症と言うそうですが、相変わらず続いています。当初のような痛みは去りつつあります。寒くもあり長くも歩けなく室内に閉じ篭りがちで、これでは体が衰えてしまいますので、リハビリを目的に川湯の室内温水プールに通っています。 ...


坐骨神経痛について
にかかりました。今では唾液もすこーし出るようになりました。目の乾きは目薬で対応しています。それに関連しているのかどうかわかりませんが、最近坐骨神経痛に悩まされています。おしりの横あたりに激痛がはしり、足

grain0718: すべり症 手術の比較的新しい情報です
脊椎分離・すべり症 価格: 5460円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0 整形外科mook 著者:小野村敏信出版社:金原出版サイズ:全集・双書ページ数:290p発行年月:1984年04月この著者の新着メールを登録するこの商品の関連ジャンルです。 ... アメリカで坐骨 神経の漢方薬を購入する方法を教えてください。また、他に治療方法があったら教えてください。坐骨神経の手術はアメリカと日本とどちらがすぐれているのでしょう. 肩凝りと歯 - 頭痛、肩凝りの取り方と予防 愕すべり症と言う状態に成ります。 ...

股関節の痛みについて: 西大宮カイロプラクティックの院長BLOG
成長期のお子さんに関しては、成長痛(オスグッド症候群など)や大腿骨頭のすべり症などによる痛みも多いです。 それに生まれつき大腿骨頭が小さい、また受け皿の寛骨臼が浅い、それらがうまく成長していないような子も多くいるので、痛みが強い場合や慢性 ... それに下部腰椎の変位によって坐骨神経につながる神経が圧迫されると坐骨周辺(おしりのえくぼ周囲)や太ももの裏など比較的近い部分に痛みが出ます。 いずれにしても痛みが頻繁に、慢性的に起こる場合や痛みが強い場合はまずレントゲンをとったりなど ...

posted by abacus0718 at 11:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。