2009年12月27日

坐骨神経 脊椎すべり症の身近な情報を収拾しました

売れ筋商品21
売れ筋商品38
売れ筋商品36
売れ筋商品7
売れ筋商品28
売れ筋商品2
売れ筋商品44
売れ筋商品41
売れ筋商品18
売れ筋商品33
売れ筋商品3
売れ筋商品50
売れ筋商品23
売れ筋商品46
売れ筋商品48
売れ筋商品30
売れ筋商品49
売れ筋商品4
売れ筋商品12
売れ筋商品32
売れ筋商品40
売れ筋商品45
売れ筋商品17
売れ筋商品10
売れ筋商品22

★12/28 9:59まで2999円(税別)以上で送料無料★坐骨神経痛、 腰の痛みでお悩みの方に腰専門1260丸(約28日分)【第2類医薬品】
価格: 2,798円 レビュー評価:4.0 レビュー数:1
【商品特徴】 坐骨神経痛、 腰の痛み等、漢方生薬が現代人に多い腰のトラブルを治します 【効能効果】 腰の痛み・腰筋痛み・腰引きつり・血の道不順・ロイマチス・関節骨痛 坐骨神経痛・通風・肩背部のコリ・手足のしびれ・膀胱カタル 【用法用量】 大人1回に15丸、15歳以下8歳までは大人の1/2量 1日3回白湯または清水にて服用して下さい。 【内容成分】1日量(45丸)中 人参末・・・0.15g、ガジュツ末・・・0.25g、十薬末・・・0.3g、当帰末・・・0.3g、独活末・・・0.2g、タクシャ末・・・0.2g、カセン末・・・0.3g、地黄末・・・0.3g、忍冬末・・・0.3g、コケモモ葉末・・・0.3g、乳香末・・・0.2g、菱実末・・・0.2g 分類:医薬品 製造:日本 販売元:天恵堂製薬株式会社 広告文責:有限会社シンエイ 電話:077-545-7302
Supported by 楽天ウェブサービス



サーノ博士のヒーリング・バックペイン―腰痛・肩こりの原因と治療

価格: 2,100円 レビュー評価:5.0 レビュー数:48

私は、ヒーリング、エネルギーを使った整体師ですが、この本で言うことはかなり当てはまっていると思います。足をひきずるようなぎっくり腰、つらい腰痛の方でもだいたい1回〜3回程度の施術(1回1時間程度)で、かなり痛みやコリが解消され回復し、治っています。この時ストレスもエネルギー(気)で抜きます。ですが、実際の臨床において、ダメージの起こった筋肉は血行不良を起こしてカチカチになっています。そしてそのダメージのある筋肉に対して、エネルギーを送ることで筋肉は即座に弛緩して正常になります。(施術時に凝っている筋肉に触れることで、患者さんの脳に「この筋肉こんなに凝っているよ」と無意識レベルで教えてあげて、患者さんにヒーリングエネルギーを送る事でコリが解消される)施術で多くの方がすぐに治っている経験から、この本に書かれているとおり、腰椎のつぶれ、ヘルニアが軽微なら直接関係無いケースが多いかと思います。腰痛肩こりの自覚症状のない普通の方でも高齢になれば背骨に歪ある方の方が多いくらいです。怒り・ストレスなど、精神面については、性格傾向が人によりかなり違いますので、該当する人にはこの本の治療がすごく当たったとしても、そうでない人もいるような気がします。生まれ持った性格傾向の特徴でなりやすい病気・症状というのもありますので。腰痛になるきっかけは、腰への無理な負担や転倒、強く打った、交通事故などが多く、精神的ストレスが直接起こすものは少ないと思います。そして実際に腰付近の筋肉等にダメージが起こり、血行不良状態にあります。良い姿勢も保てなくなり、痛みもありますから、それ自体が精神的なストレスになります。また腰痛によりぐっすり寝れず睡眠の質が低下すると、当然体力も低下します。怒り・ストレスは、その後の自然治癒力による回復の遅れやブロックに関係するのかな、と思います。基本的に日本の現代人は忙しくストレス
...さらに詳しい情報はコチラ


プールでリハビリ - 北海道新聞

北海道新聞

プールでリハビリ
北海道新聞
坐骨神経痛、正確には腰部脊柱管狭窄症と言うそうですが、相変わらず続いています。当初のような痛みは去りつつあります。寒くもあり長くも歩けなく室内に閉じ篭りがちで、これでは体が衰えてしまいますので、リハビリを目的に川湯の室内温水プールに通っています。 ...


腰椎すべり症のこと教えて!
体重47キロ先日整形外科にて、エックス線およびMRの診断にて腰椎3、4番目の骨が3ミリグラムずれている(前後どちらかは聞き漏らしました)と言われ「腰椎すべり症」と診断されました。とりあえず薬が処方されました。血行を良くする

腰痛の治し方 3,000人以上に効果のあった腰痛克服法
また部位的には、坐骨神経痛と言われる大腿部痛、殿部痛、 下肢痛をともなうこともあります。 つまり、腰椎やその周辺になんらかの異常が発生して、神経が刺激されて生ずる痛みが腰痛や坐骨神経痛ですが、これは色々な病気の症状であって、決して病気の名前 ではありません。 腰痛の種類は、学術的には筋筋膜性腰痛、椎間板ヘルニア、脊椎分離症、脊椎すべり症、変性すべり症、変形性脊椎症、腰部脊中管狭窄症、骨粗鬆症、姿勢性腰痛、内蔵疾患などが一般的です。 腰痛は大きく分けると急性腰痛症(ぎっくり腰)と ...

腰椎分離症とはこんな症状 <脊椎分離症・すべり症
また長時間同じ姿勢で立っていると負担が集中する状態になり、ドンドン痛みが増してゆきます。 すべり症のスベリレベルがひどくなると脊髄神経が圧迫 ⇒ 坐骨神経痛を引き起こすことも。 ただでさえつらい腰痛なのに、「椎間板ヘルニア」と併用することも ...

posted by abacus0718 at 11:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。